ロゴ

説明 

よくお問い合わせを頂くです
  g
お問い合わせはこちらからどうぞ
   毛皮

Q1  毛皮はクーリニング出来ますか?

A1  毛皮・ムートンは、乾燥させたトウモロコシの芯の粉末やクルミの殻の粉末を輸入した添加剤と一緒に
    機械に入れ、パウダーに汚れを吸い取らせクリーニングします。


Q2  毛皮ファーの毛が寝てしまいました、元のように戻りますか?

A2  クレージングマシンで毛を起こす事が出来ます。ただ経年劣化などにより出来ないものもあります。


Q3  毛皮のコートを保管してもらいたいのですが?

A3  専用の保管庫がございます。冷房完備で温度は10~15℃、湿度は55%以下に一年中常に保たれています
    虫やカビの発生しにくい環境を作り出しています。ご安心してお預け下さい。

    皮革

Q1   皮革製品はクリーニング出来ますか?

A1   当社は皮革クリーニングを専門に扱っています、通常のクリーニングに比べ特殊な工程があります。


Q2   革のコートにカビが生えてしまったのですが直りますか?

A2   軽いカビの場合は表革は固く絞った布で拭き取って下さい、スエードは、ブラシを使い手入れを
     してみて下さい、 カビがひどい場合は当社にお任せ下さい。


Q3   革のブルゾンが日焼けして色が変わってしまいました直りますか?

A3   当社の染色技術で色補正が可能です。


Q4   今着ている皮革コートの色に飽きてしまったのですが違う色に染める事は出来ますか?

A4   製品になった革を染色するときはスプレーガンを使用します。浸込の様な染め方が出来ない為に縫い目や
     裏地部分を完全に染める事が出来ません。また着用中に色が剥がれる恐れがある為、異色染めは行っていません。


Q5   お気に入りの革ジャケットが破れてしまいました、部分的に皮を交換する事は出来ますか?

A5   品物の皮質等にもよりますが、基本的には交換可能です。その他の修理も行っておりますので一度お問合せ下さい。


Q6  皮革製品を家庭で保管する時に注意する点はありますか?

A6  皮革製品は湿気や日光を嫌います。高温多湿、直射日光をさけて風通しの良い場所に保管して下さい。
    保管中はなるべく品物に合ったハンガー(紳士物、婦人物、デザイン等)にかけて保管して下さい。

    和服

Q1   着物の洗い張りはどんなクリーニングですか?

A1   洗い張りとは、着物を全てほどいて、布の状態で水で洗浄し汚れを落とします。仕立てが必要になります。


Q2   しみ抜きだけをお願いすることはできますか?

A2   お受けします。染み抜きについは大きさやなどで料金が違いますので、お問合せ下さい。


Q3   家庭で着物を保管してますが虫食い対策などありますか?

A3   レインボーパックをお勧め致します。窒素ガスを封入する事で真空の状態を保つことが出来、
     カビ、虫食い、湿気から長期間衣類を守ります。


Q4   撥水加工とはどんなものですか?

A4   撥水加工とは、撥水、撥油、防汚加工の事です。

    インテリア

Q1   布団の防ダニ加工はどんなものですか?

A1   小児喘息やアトピー性皮膚炎の原因のひとつとなるダニを寄せ付けない(忌避効果) 防ダニ加工は、
     天然の樹液及び天然柑橘系成分を使用しています。


Q2   布団を出したいのですが、クリーニング後保管してもらいたいのですが?

A2   承ります。秋の使用時期まで当社の保管庫にて3月~ 9月までしっかりお預かり致します。

    ドライ・一般品

Q1   クリーニングをして着用時気がついたのですが、古いシミでも落ちますか?

A1   シミは、時間が経てば経つほど落ちにくくなります。 部分漂白など、科学的な力でシミ抜きすることにより、
     落ちることもありますが、古いシミの場合は衣類の繊維自体がシミの影響で弱くなっている場合がありますので
     シミ抜き自体できないのもあります。


Q2   ドライクリーニングはどんなものですか?    

A2   有機溶剤を使って洗濯することを言います。水を使って行う洗濯に比べ、あぶら(油脂系)汚れをよく落とし
     また衣類の伸縮が生じにくいという利点を持っています。

   ブーツ・靴

Q1   毛皮の付いているブーツはクリーニングできますか?

A1   手洗いにてクリーニング致します。

   

Q2   ムートンブーツやシープスキンのブーツはクリーニング出来ますか?    

A2   出来ます。

    
Q3   飲み物をこぼしてしまいました、シミは落ちますか?    

A3   おおむね落ちますが、時間の経過により落としきれない事もあります。

    
Q4   クリーニング出来ない靴はどんなものですか?    

A4   劣化した合成皮革、破損しているもの、現物で判断致します。

    
Q5   ブーツにカビが生えてます、落ちますか?    

A5   生えてすぐのカビは落ちます、古いカビは後が残る事もあります。

    
Q6   ステッチガかけてある靴ですが、ステッチも綺麗になりますか?    

A6   綺麗になります。

    
Q7   クリーニング後、ブーツの保管は出来ますか?

A7   専用の保管庫でお預かり致します。

    
Q8   違う色にしたいのですが?

A8   お勧め致しません。
    
    宅配サービス

靴ブーツ素材別対応表及び注意事項.

バッグ リ・メイク~素材別対応表及び色補正に関する注意事項

adobe
 はてなブックマークに追加
戻る
 
Copyright ©2015 Gem factory All Rights Reserved.