クリーニング後のビニールカバーについて

こんにちは!スタッフBです!
あっという間に4月に入りました。だんだんとあったかくなり、気づいたら桜も満開!
今月のお役立ち情報をお知らせ致します!

テーマ「クリーニング後のビニールカバーについて」

クリーニングしてせっかくキレイにしたのに、いざ着用しようと取り出すと、カビが生えていた!悪臭がする!
なんてことありませんか・・・? それってクリーニング後についてくるビニールカバーをそのままかぶせた状態で保管したことが原因かもしれません。

ビニールカバーの役目は、自宅までの移動中、ホコリ、汚れ、キズなどから衣類を守るため。
そのままかぶせた状態で保管してしまうと湿気がこもり、カビの発生を招いてしまうのです。
ですから、衣類をしまう際にはカバーを外し、衣類の状態をチェックしてから保管して下さいね。

また、クローゼットの中は衣類を詰めすぎると通気性が悪くなり、カバーを外したとしても意味がありません。
なるべく、7〜8割ほどの収納にしましょう。
また、定期的に扉を開けて風通しを良くし、衣類をカビ、シワなどから守りましょう。

沢山の衣類があって収納に困る!なんて方は、保管をしているクリーニング店もあります!
当店では1着ワンコイン、最大9ヶ月でお預かりが可能です!
シーズンごとにクリーニングを出す際に、併せてお願いするのもいいですね。